飲んでいる薬を報告

歯科治療を受けるときに注意することの一つといえば継続的に飲んでいる薬があります。 最近特に注意喚起されているのが骨粗しょう症の薬を飲んでいる人に対してです。 骨粗しょう症の薬でもビスホスホネート剤を飲んでいる人は特に注意が必要とのことです。この薬は骨をもろくするのを防いで骨粗しょう症を予防する薬なのですが、この薬には歯科治療における抜歯や外科処置後の治りを悪くするという副作用が出ているようです。必ずしもそのような副作用が出るわけではないのですが注意喚起が必要な薬であります。薬局でこのような薬をもらうときは薬と一緒に歯科治療を受けるときには注意するようにという旨の紙をもらうことが一般的なので、その紙を歯科医に提示しましょう。それを見て歯科医が治療の判断を行うことになると思います。

骨粗しょう症と歯周病には関係があるのをご存知でしょうか。 骨粗しょう症といえば骨の病気であることは多くの人がご存知でしょう。それが歯科の病気である歯周病と何の関係があるんだと疑問に思う人は少なくないと思います。 実は歯周病もある意味で骨の病気とも言えなくはないのであります。 歯周病は歯周病菌が歯肉に入って炎症を起こす病気なのですが、この歯周病菌が歯茎の奥まで侵入すると、体の免疫機構が作用してこれをやっつけようと過剰に反応してしまうことがあります。その結果として骨が溶けてしまって歯が抜けてしまうということが起こってしまうのです。 ある研究では骨粗しょう症も歯の周りの骨を溶かしてしまうという報告もあるそうです。 このようにしてみるとこの二つの病気はとても関係があることがわかります